PUNYA STUDIO

PUNYA STUDIO

Founder and Director: Ari Ersandi
Jl. Raden Imba Kusuma, Gg. Aster. A3

Instagram: @ariersandi | @studiopunya

PUNYA Studio is a Dance Laboratory that engaged in managing ideas, looking for forms of movement, finding potential, and creating various methods in the process of creating dance arts. PUNYA Studio is a reconstruction of the DELAPAN community, was a dance and music studio in Yogyakarta that created by Ari Ersandi, S.Sn, M.Sn, a choreographer and dancer who has an interest in the conception of contemporary dance performances. The reconstruction was carried out to focus on contemporary-based dance activities which were later named PUNYA Studio.

Established in 2014 in Bandar Lampung, PUNYA Studio has been active in performing arts activities for approximately three years including, holding workshops within the cities and also between islands, holding regular performances every two months, and the Summit Festival called DANCEMBER at the end of the year. The concept of movement between Body, Space, and Time are the stimulus for the formation of PUNYA Studio as a Dance Laboratory.

PUNYA Studio has a great achievement, such as to be a place for anyone who wants to learn art and produce artists who have the potential also become centers of art and art archives, especially contemporary dance in Indonesia.
PUNYA Studioは、ダンス作品の創作を通して、アイデアをまとめ、身体動作の型を探求し、可能性を見つけ、様々な方法を生み出すことに取り組むダンス・ラボラトリーです。PUNYAスタジオは、コンテンポラリー・ダンス・パフォーマンスのコンセプトに関心を持つ振付家でありダンサーのAri Ersandi、S.Sn、 M.Snがジョグジャカルタに設立したダンスと音楽のスタジオ、DELAPANコミュニティを再構築したものです。

コンテンポラリーダンスを中心とした活動を行うために再構築され、後にPUNYA Studioと名付けられました 2014年にバンダールランプンに設立されたPUNYA Studioは、約3年前から舞台芸術活動を行っており、都市内や島内でのワークショップの開催、2ヶ月に1度の定期公演、年末にはサミットフェスティバル「DANCEMBER」を開催しています。PUNYA Studioは、身体・空間・時間の間にある動きのコンセプトが刺激となり、ダンス・ラボラトリーとして誕生しました。

PUNYA Studioは、アートを学びたい人のための場所であり、インドネシアにおけるコンテンポラリー・ダンスを中心としたアートやアート・アーカイヴの拠点となる可能性をもつアーティストを輩出するなど、大きな成果を上げています。
Scroll to Top