The Kuala Lumpur Performing Arts Centre

The Kuala Lumpur Performing Arts Centre (klpac)

Address:The Kuala Lumpur Performing Arts Centre, Sentul Park, Jalan Strachan 51100, Kuala Lumpur Malaysia.
The opening of klpac in May 2005 marked an exciting, new beginning for the performing arts in Malaysia. As Malaysia’s only fully-integrated performing arts centre, it has become a much-needed home of the performing arts community. Housed in a 119-year-old heritage building that started off as a wood crafting workshop and sawmill, it then became part of the region’s most important railway depot. The external facade of the former train depot was preserved while a modern four–storey glass and steel structure was incorporated, winning it the Malaysian Institute of Architect’s Adaptive Reuse Award. klpac, which is nestled in a 35-acre park, has ample indoor and outdoor space which can be hired for performances, events, festivals, shoots and more. The Centre’s 7,614 sq metres of space houses a 504-seater proscenium theatre, a 200-seater experimental black box theatre, an indicine for independent film screening or recitals, five studios, a recording studio, a set construction workshop, performing arts library, a kindergarten operated by a third party as well as a café.

A non-profit organisation, klpac was jointly founded by The Actors Studio, YTL Corporation and Yayasan Budi Penyayang after The Actors Studio’s iconic Plaza Putra complex, its first home, was devastated by floods in 2003. Guided by its Founders’ vision – Dato’ Dr. Faridah Merican and Joe Hasham OAM – to nurture the performing arts in Malaysia as well as to make it accessible to all, this is reflected in its policies such as affordable ticket pricing, subsidies for arts groups, opportunity-oriented platforms and a strong education policy. Annually, it attracts almost 80,000 visitors and houses 100 over shows and events, majority of which by local presenters (92%). It attracts a large percentage of newcomers (42%) and young audiences between 19 and 35 years old (42%).

Besides a varied programming spanning traditional and contemporary art forms with a strong emphasis on Malaysian stories and talent, klpac also houses an Academy that spearheads crucial educ
2005年5月にオープンしたklpacは、マレーシアの舞台芸術にとって、刺激的で新しい始まりの象徴となりました。マレーシアで唯一の完全統合型の舞台芸術センターとして、舞台芸術コミュニティが強く必要としていた本拠地となりました。119年前に建てられた歴史的建造物を利用したこのセンターは、当初は木工作業場と製材所として使用されていました。その後、地域で最も重要な鉄道車両基地の一部となりました。かつての鉄道車庫の外壁はそのままに、ガラスとスチールで作られた4階建ての近代的な建物が組み込まれ、マレーシア建築家協会の「Adaptive Reuse Award」を受賞しました。klpacは、35エーカーの公園内にあり、屋内外の広大なスペースを有し、パフォーマンス、イベント、フェスティバル、撮影などに利用することができます。センターの7,614平方メートルのスペースには、504席のプロセニアム劇場、200席の実験的ブラックボックス劇場、独立系映画の上映やリサイタルのための空間、5つのスタジオ、レコーディングスタジオ、セット建設作業場、舞台芸術資料図書館、外部業者が運営する幼稚園、そしてカフェがあります。

非営利団体であるklpacは、2003年にActors Studioの最初の拠点であり象徴的な施設であるプラザ・プトラが洪水で壊滅的な被害を受けた後、Actors StudioとYTL Corporation、Yayasan Budi Penyayangが共同で設立しました。創設者であるDato’Dr. Faridah MericanとJoe Hasham OAMが掲げたマレーシアで舞台芸術を育成し、誰もがアクセスできるようにするという未来像は、手頃なチケット価格、芸術団体への助成金、機会重視のプラットフォーム、強力な教育方針などのポリシーに反映されています。年間約8万人の来場者があり、100以上の公演やイベントを開催しており、その大半(92%)が地元の主催者によるものです。また、新規観客(42%)や19歳から35歳までの若い観客(42%)も多く来場されています。

klpacには、マレーシアに根付く物語や才能に重点をおき、伝統的なものから現代的なアートフォームを展開する多様なプログラムに加えて、klpacには重要な教育プログラムや展開プログラムを先導するアカデミーがあります。また、klpacには、klpacオーケストラ、klpacシンフォニックバンド、klpacストリングオーケストラの3つのコミュニティオーケストラがあり、毎年何百人もの音楽家を育成しています。また、16歳から25歳までの若者を対象とした画期的な「Theatre for Young People(T4YP)」プログラムや、アーティスト・イン・レジデンス・プログラムも運営しています。
Scroll to Top